忍者ブログ

利益を出して競争に勝ちコンビニ経営で生き残る秘訣

コンビニFCチェーン加盟店様向けブログです。継続して利益を出すことで生き残り、結果としてコンビニ競争に勝つ手法を説いています。コンビニのシステムや本部及び加盟店様、メーカー・物流の現状を熟知した上で利益を出す手順説いております。その原点は独自の「商いの理論」です。その理論をFCチェーン加盟店様のコンビニ経営に落とし込み「生き残りのための秘訣」を提供しております。

<< | 2017/10 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

お知らせ
◇「コンビニの廃棄ロスを減らす驚くべき手法」発売開始。詳しくはHPの最新情報をご覧ください。              
 http://ww3.ctt.ne.jp/miraicom

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日配品中心が強い

コンビニは日配品および非常温性商品を中心に客数を確保しています。これらの分類商品は買い置き等の保管ができず短い時間での消費が主です。ですから購買頻度が高く、結果として来店頻度も高くできる分類ということです。

世間では3月31日まで消費税値上げ前の駆け込み需要が続きます。常温性の雑貨や食品、飲料水等は前倒しで購入され、4月に入って反動がやってくるのは明らかです。

コンビニ以外の業態をみると、3月下旬から末に向かってますます買いだめ傾向が見られます。平時の数倍の売上を出している店も見受けられます。ですがコンビニは日配品中心で闘っていますので4月以降敢えて何かをする必要もありません。通常通り単品管理を続ければ良いのです。

逆に4月以降は新たなお客様も増えますし、従業員の入れ替えもあるでしょう。今ここで基本の徹底を再確認し、徹底度合いを上げることです。基本の徹底度合いが高い店ほど、固定客率が高まり、客数が安定し、売上利益の確保が容易になるのです。

基本とは単品管理も含めた4原則です。時間を見つけてバックヤードで声出しをして意識を高め実践してください。変化が多い今がチャンスです。
PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

この記事へのトラックバックについて

この記事は現在トラックバックを受け付けておりません

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
内容が多岐に亘っておりますので、キーワードでの検索をお願いします。
ご案内
「コンビニの廃棄ロスを減らす驚くべき手法」発売開始。 詳しくはHPをご覧ください。
みらいHP http://ww3.ctt.ne.jp/miraicom
情報
バーコード
プロフィール
HN:
wonderland
性別:
非公開
アクセス解析

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]